Portable VapourSynth

VapourSynthのr30と同時にポータブル版も公開されました。レジストリを汚したくない方、環境を持ち歩きたい方などにとっては朗報なのではないでしょうか

使い方は特に難しいというわけではないのですが、一応確認しておきます

必要なもの

Python

r30では3.5.xを使います。embeddable zip fileをダウンロードします。64bitのVapourSynthを使う場合はx86_64のものを、32bitのVapourSynthを使う場合はx86を選択

VapourSynth

Portableとついているのをダウンロード。64bit or 32bitは当然Pythonと合わせます

ファイルの配置

Python embeddable zip fileを解凍してできたフォルダに、VapourSynthのPortable版を解凍してできたフォルダの中身をぶちこみます。vcruntime140.dllは上書きします。VapourSynth Editorを使う場合はそれもぶちこみます

1185_1

画像にするとこうです。VapourSynthのプラグインはVapourSynthフォルダのPluginsフォルダに入れていきます

エンコード

基本的にはvspipeを使うのが推奨されているようですが、vsscript読み込みに対応しているものは上で説明したのと同じフォルダにバイナリをつっこめば直接vpyを読み込めます。たとえばQSVEncCなら

これでエンコードすることも可能になります